background
検索
ok
Radio Agnes B.
RECORDS
5月 2011
VILLETTE SONIQUEフェスティバル アニエスベープログラム

アニエスベーは2011年Villette Soniqueフェスティバルに参加し、Musique Plastique展にて紹介した3組のアーティストたちを招待した。今回彼らはVillette Soniqueフェスティバルのスペシャル・プログラムにてライブ・パフォーマンスを行った。

アニエスベー財団によるライブ:Thurston Moore(Sonic Youthリーダー)(5月28日 グランド・ホール)、Hifiklub (5月28日 グランド・ホール)の無料ライブ、The [...]

新たな領域におけるクリストフ・ルブール

フォトグラファー、クリストフ・ルブールの視点はユニークだ。長年、流行の慌ただしいリズム、つまりロゴやシンボルを食い物にするファッションの重圧を感じてきたクリストフ・ルブールは、ふと立ち止まる。動いている世界にじっくりと思いを馳せる彼は、ぶらつき、魅惑的な場所、神秘的な影、人生という重荷を背負っていない人々の移ろいやすい瞬間を捉える。
 [...]

アニエスベー社グループによる東日本大震災復興支援活動レポート

東日本大震災にて被害を受けられた皆様に、謹んでお見舞い申しあげます。

アニエスベーではグループをあげて、被災地の一日も早い復興の為の支援活動に取り組んでおり、2011年5日20日現在、当初の寄付予定額を大幅に超える総額約4300万円を寄付いたしました。

今後も義援金寄付を目的とした商品の販売など、全世界にて支援活動を継続いたします。

-----------------------------------------------------------------

寄付金内訳:

 [...]

ジェレミー・ベヌカンによるパフォーマンス

5月20日(金)19時より、ギャラリー デュ ジュール(4 rue Quincampoix, パリ4区)にて開催されたジェレミー・ベヌカンの展示Passages(会期:4月27日~5月31日)の一環として、 彼のパフォーマンスが行われた。

Un Coup de Dés Jamais n'aboiira le Hasard Dé-composition 1.4(賽の一振りは断じて偶然を廃することはないだろう。デコンボジション1.4)

 [...]

アニエスベー×ウォーターマン、2大フレンチクリエーションのアソシエーション

アニエスベーとウォーターマン。この2大ブランドは、ともに自由なクリエイティブ精神を持ち続けてきました。今までにない四面体のEXCEPTION、また、革新的でこれまでの常識を覆すラグジュアリーの表現を行ったアート・コレクションは、ともに時代を超えた価値とモダンさへの精彩、ラインの美しさと繊細な気配りが描かれています。

この出会いにより、アート活動のパートナーシップとスペシャル・エディションが誕生しました。

 [...]

ART FACADE PROJECT  01_IDEAS OF TODAY - IDEAS FOR TOMORROW

アニエスベーは、写真やグラフィティなど様々なアートの愛好家としても知られています。その情熱はアーティストTシャツの定期的な発表や、アートに関する様々なイベント、展覧会、出版物への度重なるサポートにも表れています。

旗艦店であるアニエスベー青山店とアニエスベー ボヤージュ表参道店のファサードも、時にはアーティストのキャンバスとなり、これまで、伊藤存氏やサーラ・ドラタバディ氏、蜷川実花氏が、その装飾を手がけました。

この度、アニエスベーは『ART FACADE [...]

寛大なアニバーサリー

5月14日、ベルリンのギャラリー・ラファイエットは15周年を迎える。これを記念して、15人のファッション・クリエーターに1点ずつ商品の提供を依頼し、インターネット上でオークションにかけ、その売り上げを慈善団体betterplace.orgを通じてベルリンの小児病院に寄付する。

イヴ・サンローランのバッグ、アトリエ・メルカダルのシューズ、アルマーニのカクテルドレスなどとともに、アニエスベーがカスタマイズしたレザージャケットも登場…この素敵な理由のために!

 WALK AWAY RENÉE ジョナサン・カウエット

ターネーション(2003年)と、All flowers in time(2010年)に続く、アメリカ人監督、ジョナサン・カウエットの新作。ラブ・ストリームス・プロダクションが共同製作し、カンヌ映画祭の批評家週間に出品された。
 [...]

Rain or Shine Campaign

雨が降っても、晴れていても。

どんなときにも気分を盛り上げてくれるポップなバッグや小物が揃いました。

-----------------------------------------------------------------

PRESENT


上記期間中に、対象商品を含むアニエスベー ボヤージュ商品を13,650円(税込)以上お買い上げのお客様にオリジナルアンブレラカバーをプレゼントいたします。

*対象商品はショップスタッフまでお問い合わせください。

 [...]

DES JEUNES GENS MÖDERNES  ジェローム・ド・ミソルツ

ジェローム・ド・ミソルツによるこの作品は、アニエスベーの映画製作会社、ラブ・ストリームス・プロダクションが共同制作した作品で、カンヌ映画祭の監督週間に出品され、ワールドプレミア上映された。

 [...]

カンヌ、アニエスベーと映画!

アニエスベーは映画が好きで、そのことは映画もよく知っている!アニエスベーの映画製作会社、ラブ・ストリームス・プロダクションが共同製作を行った2本の作品が第64回カンヌ国際映画祭の監督週間と批評家週間に出品された。ジェローム・ド・ミソルツのDes jeunes gens modernes 2.0と、ジョナサン・カウエットのWalk Away Renéeだ。

ビバ・アフリカ! PIERRE 1ER DE SERBIE通り

アニエスベーが数年ぶりにパリ16区の以前と同じ場所(Pierre 1er de Serbie通り17番地)に再びブティックをオープン。新しく生まれ変わったブティックには、マリック・シディベとセイドゥ・ケイタの写真が展示されている。

01 _ IDEAS OF TODAY - IDEAS FOR TOMORROW

名和晃平 | SANDWICH、稲葉英樹

«IDEAS OF TODAY - IDEAS FOR TOMORROW» では、名和晃平 | SANDWICH、稲葉英樹の2 組のアーティストが、今感じることを作品を通じて表現しました。
困難な状況を前に、我々の考え方、生き方が変化していますが、今日描くイマジネーションが、未来のイマジネーションへとつながっていくと考えます。
 [...]
タラ号、航路変更

エティエンヌ・ブルゴワ(タラ財団長)とエリック・カルセンティ(欧州分子生物学研究所付属海洋研究所研究長)は、科学コーディネーターおよびプロジェクトのパートナーたちと合意の上、タラ号海洋プロジェクトの航路を変更することにした。
 [...]