background
検索
ok
Radio Agnes B.
RECORDS
7月 2013
ミディ・フェスティバル

新進気鋭の音楽シーンを満喫できる夏の風物詩、ミディ・フェスティバル。ビーチ、競馬場、ヴィラ・ノアイルにて、726日、27日、28日の3日間に渡ってライブが開催される。出演アーティストは、マウント・キンビー、アルーナ・ジョージ、ピーター・フック&ザ・ライト、キング・クルエル、ザ・ホラーズ、クリストファー・オウエンス、ヘンリク・シュワルツ、テンプルズ、ミッキー・ブランコ、スプラッシュ、ぺぺ・ブラドック、オンリー・リアル、スイム・ディープなど。

 [...]

シティ・サウンズ・フェスティバル 104にて

パリのサンフランシスコ!1967年のモントレーを夢見ていた?それなら2013年のパリは必見!サン・キャトル(パリ19区)で開催される、初のシティ・サウンズ・フェスティバルにサンフランシスコのインディーズ・ロック・シーンの最高峰が集結する。

出演:ジ・オー・シーズ、タイ・セガール・ワン・マン・バンド、ホワイト・フェンス、ムーン・デュオ、ワーム・ソーダ、シャノン・アンド・ザ・クラムズ

75日~11日、抽選で3名に、2日フリーパス1名分+ジ・オー・シーズのアルバム『Floating [...]

アンソロジー・フィルム・アーカイブスの白紙委任状 

アニエスベーは、710日~21日の約2週間開催されるアンソロジーフィルムアーカイブスのプログラムを任せられた。前衛的・芸術的で国際色豊かな映画作品の熱心な愛好家であるアニエスベーは、自身のお気に入りの映画リストから、自身のキャリアに大きな影響を与えた作品を選んだ。そのリストには、一部の人にとっては非常によく知られた大作と、どちらかというとまだ知られていない様々な国(フランス、アルジェリア、イタリア、チェコスロヴァキアや日本)の作品が共存しており、とりわけ50年代、70 [...]

史上初、タラ号北極中継

タラ号プロジェクトはFrancetv nouvelles écrituresとフランス3チャンネルの番組『Thalassa』と共同で、ウェブサイト『タラ号北極中継』を制作した。

タラ号北極圏プロジェクトの様子をインターネット上の中継映像で見ることができる。このサイトでは、北極海の周囲25,000kmに渡って実施される科学と人間の冒険の間、タラ号乗組員たちから送られてくる映像や写真、そしてタラ号のあちこちに設置された4台のカメラがとらえた生の映像を毎日見ることができる。201310 [...]

タラ号からのメッセージ

北極にいる現タラ号船長サミュエル・オードランより、タラ号乗組員がアニエスベーに宛てたメッセージが届いた。

© A.DeniaudGarciaTara Expeditions

マルセイユ2013経由地4、ジョナス・メカス

マルセイユは今年、ヨーロッパ文化都市に指定されており、マルセイユのエスティエンヌ・ドルヴ広場にあるアニエスベーブティックの展示スペースでは年間を通して展示が行われる。アニエスベーが感じているマルセイユの魅力のすべてを9箇所の経由地と12名のアーティストを通して伝えていく。

ニューヨークのアンダーグラウンドを後にしたジョナス・メカスが、プロヴァンス地方とイタリアで撮影した映像とフォトグラムを私たちに発見あるいは再発見させてくれる。日の出から日暮れまで1966 [...]

REBEL REBEL(反逆)

73日(水)1915、ジャン=ポル・ファルゴーによるパフォーマンスを開催。入場無料!

アニエスベーブティックの洋服や小物に囲まれた中で、預言者的、挑発的かつ反逆的で、私たちの社会と幻想の混乱を明らかにし、身体言語(ボディ・ランゲージ)を分析し、消費主義の混迷を予測し、機能言語を通して文化が今日どのように表現されているかを分析するピエル・パオロ・パゾリーニの作品が上演される。束の間奏でられるこの歌の中で、音楽と音響のライトモチーフ(ミュージシャンによる生演奏が行われる)が歌詞と混ざり合う

 [...]

アニエスベーのツアーサポート

アニエスベーは、カリフォルニアのガレージ・ロックで、作詞と作曲を手がけるアメリカ人ミュージシャン、マイカル・クローニンと、アメリカ人の3人組、シャノン・アンド・ザ・クラムズのツアーをサポートする。彼らの心地よいタッチでノイズを吐き出す60年代的なサウンドのガレージ音楽を、思う存分聞いて、見て、味わうことができる!

また、彼らと同じモットーfun fun fun(楽しむ)にその楽曲すべてがインスパイアされているワーム・ソーダもパリとボルドーでのライブに参加する。

 [...]