background
検索
ok
Radio Agnes B.
RECORDS
11月 2013
東京フィルメックスのQ&Aセッションにアニエスベーが登壇

20131130日(土)、東京フィルメックス映画祭でのアニエスベー監督映画の上映後、アニエスベーがQAセッションに登壇した。

http://www.youtube.com/watch?v=3Sj4jxl8PWw&feature=youtu.be

LE SLIP FRANCAISコラボアンダーウェア 青山店限定発売

アニエスベーは、当時弱冠26歳のフランス人青年、ギヨーム・ジボーが2011年にスタートした下着ブランド、“LE SLIP FRANCAIS”とのコラボアンダーウェアを発売。同ブランドの製品は100%フランス産で、フランス・ドルドーニュの老舗下着工場にて、昔ながらの技法で育てられた地元の綿花を使用して生産されている。自国の生産者を守るため“Fabriqué en France”(フランス産)に強くこだわり続け、フランス産のアイテムには製品タグにも“Fabriqué en France” [...]

『JOURNAL DU TEXTILE』紙より

自立の精神を存続させるアニエスベー。手の届くラグジュアリーブランドは成功の頂点を極めながらも、創設された1976年以来、家族経営のルーツを忠実に保ち続けている。

彼女は1976年、パリ・ジュール通りに1つ目の店舗を開いた。彼女はサンドロ/マージュやザ・クープルズよりも遥かに前に、求められていた「手の届くラグジュアリー」市場の基盤を据え、更にはグランジでギークなカッコ良さをプラスし、派手さを取り除いた。そして40年近く経った今、トカゲ(ブランドのシンボルの一つ) [...]

ARTBOOK HOLIDAY BOOKSHOP

1123日~119、ニューヨークのアニエスベーブティックにて『Artbook Holiday Bookshop がオープンする。

アート、音楽、デザイン、建築、写真、ポピュラーカルチャーの古典から新刊まで、250冊の本が揃う。アレックス・サイモンの音楽と共に1123日(土)18002000、オープニングを開催。

アニエスベーブティック 50 Howard Street, New York


http://www.50howardstreet.com/

『OUTSTANDING NOMINALS』展、シルヴァン・クジネ=ジャック

ギャラリー デュ ジュールの新しいアーティストを紹介するスペースにて、シルヴァン・クジネ=ジャックの作品を展示する。

「(…)シリーズ、『Outstanding nominals [...]

『A NATURAL ORDER』 ルーカス・フォグリア

2006年~2010年、私はアメリカ南東部を旅し、別の生き方を求めて都市や都市郊外から移動した人々と交流し、彼らを写真に収めインタビューを行った。環境的な疑問から、宗教的信仰心から、または経済的困難を視野に入れ、彼らは現地にあるもので家を建て、湧き水を汲み、猟や採取、農作をして生活している。私の写真に写っている人たちは皆、自給自足の生活を営んではいるが、私が出会った人々の現代社会から完全に孤立して生きている人は1 [...]

クリスマスキャンペーン

アニエスベーは、1120日(水)~1225日(水)の期間中、クリスマスの夜をイメージし、ブラックとゴールドをテーマカラーとした“プチ・ゴージャス”な商品の数々を展開するキャンペーンを開催。アニエスベーボヤージュでは期間限定ショップも全国でオープンします。キャンペーン期間中、クリスマス限定バージョンのショッピングバッグをご用意するほか、期間限定ショップでは、税込¥21,000 以上のお買い上げの方に先着でオリジナルポップアップクリスマスカードをプレゼントします。

期間限定ショップ:

 [...]

コンドームパッケージデザインプロジェクト“GIVE LOVE !”

アニエスベーは、エイズ予防啓発運動の一環として、1993年から世界中のブティックにて毎年約6万個に上るコンドームの無料配布を行ってきた。コンドームのパッケージデザインにはこれまで有名無名問わず、多くのアーティストが参加。日本からも草間彌生、リリー・フランキー、UA などの著名人がデザインを手掛けた。

今年422日(月)~531日(金)の期間、Facebook のアプリ上でコンドームのパッケージデザインを公募するワールドワイドプロジェクト“GIVE LOVE ! [...]

08_Rotation

ライゾマティクス


モーターでコントロールされるベルトにはマグネットが付いています。
そのマグネットがファサードに設置されたオブジェクトを次々に動かしてメロディを生み出します。
時間帯や周囲の環境の変化によってモーターの回転スピードを変化させることで、
様々なメロディや音の重なりを楽しむことが出来ます。


アーティストプロフィール
ライゾマティクス
2006年に設立。Web [...]

『TRAVELLERS' CHILDREN IN LONDON FIELDS』展

コリン・オーブリエンによる写真の展示が1114125日まで開催される。
オープニング:1114日(木)18302030(入場自由)。

アニエスべーブティック 40/41 Marylebone High Street, London

http://spitalfieldslife.com/2011/06/02/travellers-children-in-london-fields/

パリ・フォト

ギャラリー デュ ジュールは、1114日~17日までグラン・パレで開催されるパリ・フォトに参加する。(スタンド番号 B8

http://www.parisphoto.com/paris/exhibitors/du-jour-agnes-b
http://www.galeriedujour.com/index.html
https://www.facebook.com/galeriedujour

マルセイユ2013、寄港地7 マッシモ・ヴィターリ

マルセイユ2013の最後の寄港地となる今回、アニエスベーでは、非現実的な光に焼き付けられるブルガリアの近く、イタリア海岸沿いの、石のビーチで撮影されたマッシモ・ヴィターリの写真を紹介する。彼はこのシリーズで良く知られ、評論家にも評価されている。

アニエスベーが1998年よりギャラリー デュ ジュールで紹介している、現代を代表する写真家であるマッシモ・ヴィターリは、90年代より無限遠の眺望を捉える技法を用いて作品を撮影してきた。

www.massimovitali.com