background
検索
ok
Radio Agnes B.
ホームページ > b. side > the world of agnès b. > ポワンディロニー > N°59 - レイモンド・ペティボン / マルセル・ザマ
EVENT
N°59 - レイモンド・ペティボン / マルセル・ザマ

レイモンド・ペティボン1957年、ツーソン(アメリカ合衆国アリゾナ州)で生まれました。彼の作品は、アメリカのハイカルチャーとポップカルチャーを広く網羅しており、それはアウトサイダー的なユースカルチャーから、美術史、文学、スポーツ、宗教、政治、そしてセクシャリティにまで及びます。カリフォルニア南部の70年代終盤から80年代のパンク・ロックカルチャー、そしてその特徴である、アルバムジャケット、漫画、ライブのフライヤー、ファンジンなどのDIY的美学をベースにした彼のドローイングは、社会に対して強力かつダイナミックに独自の解釈を表現してきました。

マルセル・ザマ1974 [...] +

レイモンド・ペティボン1957年、ツーソン(アメリカ合衆国アリゾナ州)で生まれました。彼の作品は、アメリカのハイカルチャーとポップカルチャーを広く網羅しており、それはアウトサイダー的なユースカルチャーから、美術史、文学、スポーツ、宗教、政治、そしてセクシャリティにまで及びます。カリフォルニア南部の70年代終盤から80年代のパンク・ロックカルチャー、そしてその特徴である、アルバムジャケット、漫画、ライブのフライヤー、ファンジンなどのDIY的美学をベースにした彼のドローイングは、社会に対して強力かつダイナミックに独自の解釈を表現してきました。

マルセル・ザマ1974年、カナダのウィニペグで生まれました。彼の作品は、ダダやマルセル・デュシャンなどから多岐にわたり芸術的な影響を受けており、それらの引用から成る、一目で彼のものとわかる視覚的言語を特徴としています。落ち着いた色彩が特徴的な多数のドローイングが有名ですが、近年は、彫刻、ペインティング、映像、そしてジオラマへと表現方法を広げてきました。

今回のコラボレーションは2015年の夏に始まり、彼らが一連のドローイングの始めの段階でそれらを交換して、互いに完成させるというものです。お互いに相手の隠されたドローイングの一部のみ与えられて作品を作る、という「優美な死骸」の手法の変化形において、ザマとペティボンはイラスト、コラージュそしてテキストを使って互いの作品を発展させました。20世紀初めにシュールレアリストたちが当初は面白半分でこの習作をし始め、結果として豊かな作品が出来上がったように、これらのドローイングは想像を掻き立たせるとともに、しばしばその境界線は見当たりません。作品の多くは、どちらが何を製作したかを見分けるのはほぼ不可能です。両者が相手の構想に同化したか、相手の答えを先取りしようと努めたかでしょう。 -

Bside_ironie_1

Bside_ironie-3