background
検索
ok
Radio Agnes B.
映画

 

アニエスベーは大の映画好き。映画祭後援や、衣装協力、特別上映会の資金援助、または店頭でのポスター展示や予告編の上映など、様々なかたちで映画に対する取り組みを行っている。これまでに支援してきた多くの映画祭の例としては、1995年に大量爆撃下で発足したサラエボ映画祭、アメリカン・フィルム・インスティテュート 映画祭、カンヌ国際映画祭の批評家週間などが挙げられる。
彼女は、映画『パルフ・フィクション』 (クエンティン・タランティーノ監督)や『マルホランド・ドライブ』 (デヴィッド・リンチ監督)などで衣装デザインも手掛けている。

 

NEWS

アニエスベーは今年リリースされるアベル・フェラーラ(Abel Ferrara)の最新作『PASOLINI』(ウィレム・デフォー主演)の製作をサポートしましたが、嬉しいことに今回再び、彼の新プロジェクトの立ち上げに関わることとなりました。
「ウィレム・デフォー(Willem Dafoe)主演の映画は、潜在意識への主観的で客観的な旅を描いています。まず手始めにすべきこと、それはコミュニティの一部となることです。映画製作者と観客たちが1 [...]

アベル・フェラーラの次世代映画のプロデューサーになろう!

好奇心、発見、若い才能の支援、そしてシネマを愛する心という共通のスピリットのもと、アニエスベーと『Quinzaine des Réalisateurs』の今回のコラボレーションが実現しました。
フェスティバルの期間中、カンヌ店(3 rue des Frères Casanova)では毎日、セシル・バーバンが捉えた『Quinzaine des Réalisateurs』のシーンをポートレートやスナップショットが展示されます。その後『Quinzaine des Réalisateurs [...]

『QUINZAINE DES RÉALISATEURS』をサポート

アニエスベーが後援し、13人の高校生が審査員を務める、国際フランス・ファースト・フィルム・コンペティションの授賞式が、76日(月)2000FID閉会式の終わりに行われます。授賞式には、アカデミー・エックスマルセーユの副総長の協力を得、ビクトル・ヒューゴー校、マルセーユ・エア校、ノートルダム・オブ・シオン校、ジョルジュ・デュビー校、ルミエール校、フォラージェ校、ポール・セザンヌ校の各学校から集まった高校生13人が、教師らとともに出席します。

 [...]

FIDにて、アニエスベーが高校生を表彰

アニエス・トゥルブレ(通称:アニエスベー)の初監督映画『わたしの名前は』は、世界の名だたる映画祭のうちのいくつかで発表され、今回はウィーンのフィルム博物館にて20156192045~上映されます。上映後、アニエスベーによるQ&Aが予定されています。
http://www.filmmuseum.at/aktuelles/fotos_unserer_gaeste
 [...]

『わたしの名前は…』オーストリア・フィルム博物館にて上映